「ドイツ語」と「ドイツの暮らしに役立つ情報」
当校のコース内容及び、ドイツの日常をお伝えします。
独逸語ぐらしダイジェスト版はこちらからご覧頂けます。

2010年05月14日

Spargel(シュパーゲル/アスパラ)の季節

ドイツの長い冬が終わり春の訪れを告げるとして、ドイツ人から愛されている春の味覚シュパーゲル。
当校でも毎年恒例の『シュパーゲル特別料理コース』が、全2回日程《1日目:5月4日(火)、5日(水) 2日目:11日(火)、12日(水)》で行われました。
アクスニクス先生からシュパーゲルのヒミツや、旬の味を生かした美味しいレシピを教えてもらいました。

コースで取り上げた内容ををこちらでも少しご紹介します。
まずは美味しいシュパーゲルの選びかた。
シュパーゲルは新鮮なほど水分が豊富です。
穂先が閉じているものや表面が乾いてひび割れているもの、黄色っぽく変色してしまっているものは避けてください。2本のシュパーゲルをこすり合わせて「キュッキュッ」と高い音がするものが新鮮の証です!

そんな新鮮なシュパーゲルはどこで手に入るのか?というと、アクスニクス先生のお勧めはシュパーゲル農家が開いている屋台?ワゴン?で売られているものとのこと。 採れたてのものを農家が直売しているので、とっても新鮮です。
わかり易いところではデュッセルドルフ中央駅のメイン出入り口(インフォメーションの横辺り)に出しているお店。
当コースのシュパーゲルもここで購入したものを使いました。
朝は11時からやっています。 売り切れ次第お店をしめて帰ってしまうので早めに行かれる事をお勧めします!

コースでご紹介したレシピはコチラ↓です。
《1日目》
@Spargel mit Hollandaise sauce(シュパーゲルのオランダ風ソース)

spargel hollandaise.bmp

ヨーロッパでは最も定番のシュパーゲル料理です。
こってりとしたバター風味のソースと、つけ合わせのハムの塩加減も絶妙です。


《2日目》
@Spargelcremesuppe(シュパーゲルクリームスープ)

?1 166.jpg

茹でたシュパーゲルをピュレしそのままスープで頂きます。
シュパーゲルの茹で湯は出汁が実に濃厚です。

ASpargelsalat mit Kräuter Sahne-Vinaigrette(シュパーゲルサラダ ハーブ入りクリームドレッシング)

?1 155.jpg

あっさりとシュパーゲルの素朴な味を生かし前菜として頂けます。

BGebackner Spargel mit Kräuter creme freische(シュパーゲルのドイツ風パン粉焼き ハーブ入りクリームフレッシュ添え)

?1 153.jpg

バターでこんがり、パン粉の香ばしさと固ゆでしたシュパーゲルがポイントです。

CSpargel Gratin mit Parmesan (シュパーゲルのグラタン パルメザンチーズ風味)

?1 161.jpg

茹でたシュパーゲルにパルメザンチーズとバターをのせてオーブンに入れるだけ。
簡単でお子様にも大人気だそうです。


シュパーゲルの出荷は毎年6月24日までと決まっています。
この日までにどれだけ食べられるか挑戦中です。(渡)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38212758
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック